注文住宅で家を建てよう

家を建てる、ということは結婚、出産等にならぶ、人生の一大イベントですよね。 一生のうちで一番高い買い物、大半の人が住宅になると思いますし、2度、3度と買うものではなく、ほとんどの人が1度きりの購入になると思います。そんな人生に一度の大きな買い物、どうせなら希望通りの家に住んでみませんか?希望の家を実現するのが注文住宅です。 注文住宅と聞くと、値段が割高、結局は自由度が低いのでは?といったイメージがある方が多いと思いますが、必ずしもそうではなく、業者の選び方次第と言えます。 注文住宅を建てるための業者では大きく分けて、大手メーカーと工務店があります。 工務店は大手メーカーのような安心感はありませんが、希望の間取り・外観を実現するという目的だと、設計自由度が高く、初めから要望通りの家を設計してもらえます。予算に関してもあらかじめ家にかけられるお金を決めて進めることで、「予想以上に高くなった」ということが防げ、ベストバランスな設計・施工をしてもらえます。 これに対し大手メーカーのメリットは、鉄骨等を使用することで耐震はこちらの方が高く、また大手メーカーでしかできないような評価を合格したものになるため、強度的には大手メーカーに部があります。ただ、その分工務店と比べると割高になる傾向があり、予算との相談が必要になると思います。 一生に一度の夢のマイホーム、自分の希望通りの住宅にしてみてはいかがでしょうか。

 

注文住宅はどこで注文するの

あこがれのマイホームは、注文住宅で建てたいと願う人は多いです。一生に一度の高価な買い物となるので、自分のこだわりをたくさん詰め込んだ希望通りの家を建てたいからです。 しかし、実際に注文住宅を建てようと思った時に、どこの業者に依頼したらよいのか迷うものです。住宅建設会社は大きく、全国チェーンを展開しているハウスメーカーと、地場の工務店とに分けられます。 ハウスメーカーは、会社の規模が大きいので納期もしっかり守ってくれますし、製品の品質にもムラがありません。また、実際に住んでみてからの不具合に対する保証もしっかりしていますし、数年後にリフォームを行いたい時にも、相談にのってもらえます。 一方、地場の工務店は、ハウスメーカーよりも安価で建てられるメリットがあります。ハウスメーカーと同じような工法で、設備も似たようなものをセレクトしても数百万の差が出る事もあります。しかし、従業員の数にも限りがあるので、工事が重なると納期が遅れることもあります。子供の新入学に合わせて3月の引っ越しを考えていたのに、家が完成しなかったという事もあるので、しっかりと確認しておくと良いでしょう。しかし、地場の工務店は地元密着型なので、全国チェーンにはないサービスが整っていることもあります。 このように、どこの業者に依頼するかで、価格が大きく変わりますし、希望通りの家を作れるのかも変わります。数社から見積もりをとり、比べてみる事をお勧めします。